ホテル客室での除菌対策

  • ホテル客室での除菌対策

  • 2020/04/01
運用方法(表紙) 運転時間計算方法 運転時間計算例:客室の除菌
対象臭気
コロナウイルス、インフルエンザなど感染症の対策に
使用法
オゾンの酸化力で、ウイルスや菌を除菌できます。

脱臭と除菌、同じ使い方で大丈夫…?

オゾン濃度と運転時間が重要!

除菌効果の発揮には、目安のオゾン濃度と運転(オゾン燻蒸)時間に従って運用する必要があります。 これらは除菌する部屋の容積や除菌対象などにより異なりますが、簡単な計算で求めることができます。

部屋に合った運転時間が知りたい…

実際に計算してみよう!

運転時間は、部屋の「容積」、オゾン脱臭機の「オゾン発生量」から計算します。 詳細は、左図の2枚目をご参照ください。

具体的にはどのくらい時間が掛かる…?

【例】Goerlitz-zeroでホテル客室を除菌する場合

ホテル客室が、面積25 ㎡、高さ2.5 mとすると、Goerlitz-zeroのオゾン発生量が1500 mg/hrなので、 除菌には約30分の運転が必要と分かります(左図の3枚目参照)。 また、より短時間で除菌したい場合は、複数台の併用もおすすめです。 ※ゲルリッツは一般販売を行っております(https://onlineshop.kalmor.jp/8_316.html)